FC1332 (ホームシアター単体)
FC1332 (ホームシアター単体)
フロントスピーカーL(レフト)、フロントスピーカーR(ライト)、センタースピーカー(C)の3チャンネルがひとつのボディにセットされた新型スピーカーです。エムズシステムのノウハウが凝縮された今までになかったスタイル。5.1chの素晴らしい映像と臨場感あふれる音のコラボレーションを心ゆくまで楽しんでいただけます。 ■使用ユニット(FR/FL フロント) インピーダンス 6Ω 許容入力 28~56W 最低共振周波数 70Hz 再生周波数帯域 fo~20kHz ■使用ユニット(C センター) インピーダンス 8Ω 許容入力 8~16W 最低共振周波数 160Hz 再生周波数帯域 fo~20kHz ■使用ユニット(SR/SL サラウンド) インピーダンス 8Ω 許容入力 15~MAX30W 最低共振周波数 110Hz 再生周波数帯域 fo~20kHz ■使用ユニット(SW スーパーウーファー) インピーダンス 8Ω 許容入力 28~MAX56W 最低共振周波数 50Hz 再生周波数帯域 fo~7500Hz ■アンプ部 最大出力 18W(8Ω) サイズ 210φ×400mm 重さ 4,000g (SPケーブル 3m×3本 付属) ♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥ ♥音空間でスピーカーご購入の方限定!♥ ご希望の方に波動スピーカーの魅力をたっぷり感じられる、CDプレゼント中! 詳しくはこちらのページをご覧ください。 http://oto-kukan.jp/present-2017 ♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥♡♥
¥ 172,800
観音 -Avalokitesvara- 〜清浄な空間の創造に各界のオピニオン・リーダーご推奨〜
観音 -Avalokitesvara- 〜清浄な空間の創造に各界のオピニオン・リーダーご推奨〜
岡野弘幹にとって通算18作目となるオリジナル作品『観音 Avalokiteśvara』は、 アーティスト・三輪福との初の共作。 音響療法の生みの親 Dr.マナーズによる「サイマティック・サウンド」を基調に、 自然楽器による繊細でゆたかな響きは、ホリスティックに調和し柔らかな「音の波」を生み出していきます。 本作品は、各界のオピニオン・リーダーから、心身の癒し・リラクゼーション・オーラ調整・集中力の持続、そして清浄な空間の創造に、瞑想・ヨガ・レイキ・ヒーリング・修験などにご推奨いただきました。 アルバム・ジャケットのシンボルデザインは「地球暦」のご協力を得て、金星と地球の周期から見えてくる宇宙の花「 Space Flower」をモチーフにしています。 気がつけば時間という概念は消えていく。あるのは今ここ。 そんな感覚に包まれる作品です。 ♡ —— ☆ 店長より ☆ —— ♡  波動スピーカーで聴くと、倍音の豊かさがたっぷり降り注いでくるのを感じます。  柔らかな音の波、空間を浄化する波動に包まれて、ご自身が癒やされていく感覚をお楽しみください。 ♡ ———— ——— ———— ♡ <制作者> 岡野弘幹 / HIROKI OKANO 音楽家・サウンドアーティスト 1990年にドイツのIC Degitよりワールドデビュー。アメリカのDOMOレコードからも世界配信。ネイティブインディアンフルートを始めとする民族楽器とデジタルサウンドを融合させて作り出すオリジナルな音世界は、国内外で高く評価される。 『天空オーケストラ』『風の楽団』でのバンド活動も精力的に行い、世界最大の音楽祭『グラストンベリーフェスティバル』には15年以上の出演。2000年には、広島原爆の残り火の運び手となりメインステージにて平和式典を行う。 作曲家として映画やテレビ番組、CM等へ楽曲を多数提供している他、式典等の音楽監督も数多く、2017年秋には皇太子出席の『第41回 全国育樹祭』のメインアトラクションの音楽監督が決定している。 空海巡礼の地・四国が育んだ彼の音楽には、いつも『祈り』が込められ、”地球響命”をテーマにボダナート寺院(ネパール)やハイポジウム地下神殿(マルタ共和国)、また天河神社や比叡山、出羽三山など世界の聖地・自然遺産・全国の著名社寺などでの演奏活動を多数行っている。 近年では、より「体の響き・地球の響き」に着目し、サイマティクス周波数と民族楽器、自然音をコラボしたアルバム 『観音』が瞑想やヨガの音楽として高く評価されている他、太陽系の暦「地球暦」とのコラボCDが今春発売、一年の時の流れが一曲になっている画期的なアンビエント作品となっている。 【オフィシャルホームページ http://www.okano-hiroki.com 】
¥ 3,300
『the time now,2017』 太陽系時空間地図・地球暦・音楽シリーズ
『the time now,2017』 太陽系時空間地図・地球暦・音楽シリーズ
”時が音になる” 太陽系時空間地図 地球暦 音楽シリーズ [the time now,]2017バージョン H.C. 2017.03.20-2018.03.20 このCDは、2017年3月20日 春分からの一年間を一曲の楽曲にしたものです。 地球暦の天体位置計算をもとに、一年を忠実に縮尺再現し、地球の一年の運行を約50分で再現しています。 二十四節気、朔弦望、春夏秋冬の四季の環境音など、人の心拍数や呼吸に近い速度で進行するように工夫されており、聞くだけで地球号の動きを体感できます。 その他、惑星会合の日に使用している音源は、惑星の持つ各周波数を音叉でサンプリングしたもので、倍音を重ねることで、惑星の会合〔結び・開き〕の時には、惑星の倍音がうねりとして聞こえてきます。 ♡ —— ☆ 店長より ☆ —— ♡  波動スピーカーで聴くと、宇宙の豊かな波動がそのまま伝わってきます。  宇宙に包まれ、癒やされていく感動をお楽しみください。 ♡ ———— ——— ———— ♡ <制作者> 岡野弘幹 / HIROKI OKANO 音楽家・サウンドアーティスト 1990年にドイツのIC Degitよりワールドデビュー。アメリカのDOMOレコードからも世界配信。ネイティブインディアンフルートを始めとする民族楽器とデジタルサウンドを融合させて作り出すオリジナルな音世界は、国内外で高く評価される。 『天空オーケストラ』『風の楽団』でのバンド活動も精力的に行い、世界最大の音楽祭『グラストンベリーフェスティバル』には15年以上の出演。2000年には、広島原爆の残り火の運び手となりメインステージにて平和式典を行う。 作曲家として映画やテレビ番組、CM等へ楽曲を多数提供している他、式典等の音楽監督も数多く、2017年秋には皇太子出席の『第41回 全国育樹祭』のメインアトラクションの音楽監督が決定している。 空海巡礼の地・四国が育んだ彼の音楽には、いつも『祈り』が込められ、”地球響命”をテーマにボダナート寺院(ネパール)やハイポジウム地下神殿(マルタ共和国)、また天河神社や比叡山、出羽三山など世界の聖地・自然遺産・全国の著名社寺などでの演奏活動を多数行っている。 近年では、より「体の響き・地球の響き」に着目し、サイマティクス周波数と民族楽器、自然音をコラボしたアルバム 『観音』が瞑想やヨガの音楽として高く評価されている他、太陽系の暦「地球暦」とのコラボCDが今春発売、一年の時の流れが一曲になっている画期的なアンビエント作品となっている。 【オフィシャルホームページ http://www.okano-hiroki.com 】
¥ 2,700